アットファンズ・マーケティング、ネットCMを僅か5万円で作成するサービスを開始

株式会社アットファンズ・マーケティングは、YouTubeやFacebookといったオンライン向けのCM制作を開始しました。制作費用は、30秒のネットCMで5万円。オプションとして、動画からアクセス可能なランディングページも3万円~で制作することができます。

費用が安いことに加え、

①クリエイター自身が顧客とのヒアリングを担当する。

②クリエイターは全員女性が担うことで、女性ならではの視点やセンスを広告に反映することができる。

③デジタルマーケティングやSNS運用サポートといった事業を行っており、SNSユーザーに刺さりやすい広告を作成することができる。

このような強みを生かすことで、より効果の高いCM制作が期待できます。作成した動画は、YouTubeやFacebookに配信する動画広告だけでなく、WEBサイト内の製品やサービスの紹介等に利用することができます。

ビズ男
(後輩)

動画広告の作成が5万円って…。

ちょっと驚きですね!!!

ビズ菜
(先輩)

そうですね。

広告にあまり予算をかけることのできない中小、ベンチャー企業にとって、とてもありがたいサービスになるでしょうね。

ビズ男
(後輩)

動画広告だと、多くの情報を一度に伝えることができるから良いですよね!

自社のサービスを理解してもらいやすいというか…。

ビズ菜
(先輩)

その通りですね。

5G時代の到来でより動画が身近になるとも言われていますから、今後需要は伸びてきそうですね。

今回のサービス開始の背景には、動画コンテンツ利用者の高まりがあります。株式会社AJAが2020年4月に行った調査によると、実に83%の人が動画配信サービスを利用しており、新型コロナウイルスによる外出自粛を背景に、2019年12月に行った調査時より6%増加しました。

ビズ男
(後輩)

このところ、テレビタレントがYouTubeに進出してくるケースがすごく増えているし、NetflixやAmazon Primeも人気ですよね。

ビズ菜
(先輩)

私の周りでも、動画配信限定のドラマの話題で盛り上がったりしています。

この感じだと、動画広告の需要はまだまだ高まっていきそうですね。

配信元:https://www.atpress.ne.jp/news/217585

(編集:ビズパ編集部)


BIZPAではデジタルサイネージや屋外ビジョンなど、オフライン広告を中心に取り扱っている広告サービスです。

今回の記事で取り上げたようなサービスで動画を作成し、放映先を探している方にピッタリ。今まで知らなかったようなデジタルサイネージ、小ロットで出来る媒体などを自分で検索して探すことが可能となっています。

また、無料の会員登録で広告費を確認できるのが大きな特徴です。

動画広告の活用をご検討の際はBIZPAをご利用ください。

関連記事

前の記事へ

アスマーク、乗車時間と混雑率によって、電車広告の効果が大きく変化する調査結果を発表

次の記事へ

トッパン・フォームズ、パーソナライズDMは生活者に受容される傾向があるという調査結果を発表