TAAS、BtoBに特化したデジタルサイネージ広告を言い値で提供する企業支援を開始

TAAS株式会社は新型コロナウイルス感染拡大の影響で、企業活動・営業活動に課題を抱えている企業に対して、オフィスデジタルサイネージNo.1の自社サービス「e-Pod Digital」への広告出稿を企業の言い値で行うサービスを提供しています。

ビズ男
(初心者)

言い値ってことは、デジタルサイネージへの広告出稿の金額を依頼する企業が決められるってことですよね。

赤字になることもあるんじゃ…。

ビズパ
先生

そうですね。

今回のサービスは今苦しんでいる企業を支援する意味合いで行われるそうで、TAAS株式会社の利益は考えていないそうです。

ビズ男
(初心者)

すごい企業が出てきましたね。

ちなみにこの「e-Pod Digital」とはどんな広告サービスなんですか?

ビズパ
先生

「e-Pod Digital」はオフィス内に設置するモニター付きごみ箱を利用して広告を配信するサービスです。いわゆる、デジタルサイネージです。

ビジネスマンのみにターゲットを絞って広告活動ができる唯一のメディアとして注目されています。

ビズ菜
(ベテラン)

IoT機器+企業広告という特殊なサービスですよね。

この「e-Pod Digital」のごみ箱は紙資源のリサイクルも推進しているんですよね。

ビズパ
先生

おっしゃる通りです。

企業が広告を出す場所も慎重に選ばないといけない時代ですので、クリーンなイメージで広告出稿が可能な点も「e-Pod Digital」の特徴と言えます。

TAAS株式会社では、新型コロナウイルス感染拡大の影響で世界中・日本中がこういう状況下だからこそ、多くの企業の役に立ちたい、企業の事業活動・営業活動を衰退させるわけにはいかない、という想いから今回のサービス提供を始めています。

この言い値で広告出稿が可能な支援サービスは5月20日~5月31日まで期間限定で新規申し込みを受け付けています。

ビズ男
(初心者)

今は世界中の企業が大きな打撃を受けていますからね。

こういったサービスが続々と出てくるのはありがたいですし、嬉しいですね。

ビズパ
先生

そうですね。

利益獲得のためには広告宣伝も必要、でも利益が減少して広告宣伝費が捻出できないというジレンマに陥っている企業もたくさんありますからね。

ビズ菜
(ベテラン)

今の状況だとBtoB営業に絞って広告出稿ができる点はやはり魅力的ですよね。

今までのように直接訪問しての営業活動はやりづらい状況ですから…。

ビズ男
(初心者)

確かにそうですね。

これからしばらくはこういった対面折衝が発生しない営業活動が注目されるかもしれないですよね。

ビズパ
先生

ビズ菜さん、ビズ男さんのおっしゃる通りです。

新しい生活様式と政府が発表していますが、今後の営業活動、広告宣伝活動を大きく見直す必要を感じている企業も多いそうですよ。

配信元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000027.000025715.html

(編集:ビズパ編集部)


BIZPAでは今回ご紹介したe-Pod Digitalなどのデジタルサイネージ始め、幅広いオフライン広告を取り扱っております。

Web上で広告媒体を探すことができ、気になったオフライン広告があればWeb上からそのまま発注可能。また、無料の会員登録で広告価格の確認をすることもできます。新しい広告施策やオフライン広告の検討に是非ご活用ください。

まずは、BIZPAを覗いてみてくださいね。

関連記事

前の記事へ

オフライン広告の特徴やメリットって?オンライン広告との違いを徹底解説

次の記事へ

原宿サン・アド、新型コロナウイルスが広告や情報媒体に与える影響を調査・結果を発表