オンリーストーリー、Zoom背景に着目した新たな広告サービスを提供開始

株式会社オンリーストーリーは5月1日よりZoomの壁紙スペースを広告利用する新しいキャンペーンを始めました。

Zoomを利用したBtoBに関する打ち合わせや商談時に指定の画像を壁紙として使用することで広告料が支払われるキャンペーンとなっています。

ビズ男
(初心者)

今はZoomなどのオンライン通話サービスが流行っていますからね。

じゃあ僕とビズパ先生もZoomでこのキャンペーンを使えば広告料が貰えるんですかね?

ビズパ
先生

このキャンペーンで広告料が発生するのはBtoBでの商談のみですね。

社内打ち合わせでの利用はキャンペーン適用外のようです。

ビズ男
(初心者)

それは少し残念ですね…。

この株式会社オンリーストーリーはZoomの運営会社なんですか?

ビズパ
先生

Zoomを提供しているのはアメリカのZoomビデオコミュニケーションズで、オンリーストーリーとは直接関係はありません。

オンリーストーリーは元々は経営者マッチングプラットフォーム「ONLY STORY」を運営している会社です。

このキャンペーンはオンライン打ち合わせ時のZoom背景を指定の画像に変更するだけで広告料が発生する仕組みになっています。

適用されるのは広告効果が見込めるBtoBでの打ち合わせ・商談に限られますが、普段何気なく使っているZoomの背景に着目した新しいサービスです。

株式会社オンリーストーリーは経営者マッチングプラットフォーム「ONLY STORY」を運営しています。

「ONLY STORY」は2000社以上の経営者が登録しているプラットフォームで、登録企業が強みや企業独自のストーリーを登録することで、有益な情報を持つ経営者同士をマッチングできるサービスです。

株式会社オンリーストーリーでは、オンラインマーケテイングを展開している企業として、オフラインマーケティングが難しい状況の中、自社が社会に貢献できるものを模索した結果このサービスの開発に至ったそうです。

ビズ菜
(ベテラン)

「ONLY STORY」へ登録すると無料で紹介ページを作成してもらえるそうです。

その代わり登録企業の経営者に他社のサービスを紹介する時間を取ってもらってるそうですね。

ビズパ
先生

マネタイズは広告を依頼してきた企業からの広告出稿料で行っているようですね。

「ONLY STORY」自体も2000社以上の経営者が登録しているとあって、かなり費用対効果の高いサービスと言えると思います。

ビズ男
(初心者)

このサービスには中小規模の企業が多く登録しているそうですね。

普段から経営者と多くコミュニケーションを取っている企業なんですね。

ビズパ
先生

そのようですね。

中小企業の経営者層と密な関係を築いているからこそ、このサービスの開発に至ったのかもしれませんね。

今話題のZoomを使った面白い広告事例ですね。今後、オンライン商談がもっと普及していけば広告効果も高まり、注目度も上がっていくのではないでしょうか。

配信元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000074.000015335.html

(編集:ビズパ編集部)


オンライン広告も効果的ですが、オフライン広告の効果も侮れません。

BIZPAはそんなオフライン広告が比較・検討、発注まで可能なプラットフォームです。

気になったオフライン広告があればWeb上からそのまま発注可能。また、無料の会員登録で広告価格の確認をすることもできます。新しい広告施策やオフライン広告の検討に是非ご活用ください。

まずは、BIZPAを覗いてみてくださいね。

関連記事

前の記事へ

ダイキン工業、新型コロナウイルス警戒レベルの発信に屋外看板で協力

次の記事へ

フリーペーパーってどんな媒体?内容は?配布方法は?<徹底解説>