朝日新聞社、自粛期間に自宅で楽しめる「ぬり絵新聞広告」を掲載

株式会社朝日新聞社は5月3日の朝刊に、広告特集「ぬり絵新聞広告」を掲載しました。

赤城乳業株式会社、いなば食品株式会社、カンロ株式会社、株式会社サン・アローの4社と協賛で新聞に掲載されたこの広告は、自粛期間中に迎えた大型連休を家族で楽しめるように、と企画されました広告です。

ビズ男
(初心者)

GWもステイホームでしたもんね…。

小さなお子さんがいる家庭にこの新聞広告はありがたいですよね。

ビズパ
先生

この広告企画はインターネットでもぬり絵がダウンロードできるので、新聞を取ってない家庭でも楽しめます。

さらに、完成したぬり絵広告をSNSに投稿することでプレゼントが当たるキャンペーンも実施中です。

ビズ男
(初心者)

プレゼントもあるなんて朝日新聞さんも太っ腹ですね!

応募方法はぬり絵広告に色を塗って投稿でいいんですかね?

ビズパ
先生

プレゼントは協賛4社から提供されてるようでうすね。

指定のハッシュタグを付けたぬり絵広告の投稿とHPでの応募手続きが必要のようです。

ビズ菜
(ベテラン)

応募したい企業のぬり絵広告を投稿する必要がありますよ。

プレゼントも協賛4社それぞれの目玉商品などもあってかなり豪華ですね。

朝日新聞社が実施したこの「ぬり絵新聞広告」は5月2日から5月31日の24時まで実施されています。ぬり絵広告は協賛4社からのプレゼントキャンペーンと連動し、当選者には応募した企業の看板商品などが贈呈されます。

キャンペーンの応募には、新聞に掲載されているものか、HPよりダウンロードしたぬり絵広告に色を塗って、Twitter、Instagramのどちからから指定のハッシュタグを付けての投稿と、キャンペーンサイトでの応募手続きが必要です。

ビズ男
(初心者)

SNSのアカウントがあれば誰でも応募できるっていうことですね!

僕もさっそくダウンロードして応募してみます!

ビズパ
先生

12歳未満のお子さんや、国内在住でない方は応募できないようですね。

どのぬり絵広告で応募するかによってハッシュタグが違いますので、気を付けてくださいね。

ビズ菜
(ベテラン)

現時点でかなりの数がSNSで投稿されていますね。

普段の新聞広告よりも露出が増えて広告効果も高そうですね。

■キャンペーン応募方法と協賛4社からのプレゼント

【赤城食品】赤城乳業公式アカウント「@akagi_cp」をフォローした上で、「#ぬり絵新聞広告」「#ガリガリ君ぬり絵やってみた」で投稿。

Amazonギフト券1000円分(50名様)

応募期間:5月15日 23:59まで

【いなば食品】「#ぬり絵新聞広告」「#ちゅ~る」で投稿。

賞金:金賞10万円(1名様)、銀賞5万円(1名様)、銅賞3万円(1名様)、佳作1万円(30名様)

ちゅ~る20本(80名様)

【カンロ】「#ぬり絵新聞広告」「#あそぼんグミ」

あそぼん!オリジナル絵本&グッズセット(10名様)

配信元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000842.000009214.html

(編集:ビズパ編集部)


全く新しい広告ですね!お子様と一緒に楽しめるエンターテインメント性のある広告って素敵だと思います。

今回の事例のように、コロナを機に新しい広告宣伝の取り組みを検討されている方は多いのではないでしょうか。

BIZPAではオフライン広告を中心に2万点以上の広告商品を扱っています。今回の塗り絵広告のようにオフライン広告を使った新しい施策をしたい!と検討されている方は是非弊社までご相談ください。

一緒になって貴社に最適な広告を検討します。是非ご利用ください。

【サン・アロー】「ぬり絵新聞広告」「#伊豆那須テディベアミュージアム」

テディベア「くまのメロディ」ブラウンかピンクのいずれかLサイズ(10名様)

関連記事

前の記事へ

<分析>外出自粛がゲーム業界とゲーム内広告に与える影響

次の記事へ

<調査結果>広告担当者の7割が新しい広告手法を模索